こぶたのきもち

両親の介護とこぶたのくらしっぷりだよ〜ん                                                父はレビー小体型認知症と10年以上も戦い旅立ちました。                                           現在は何の因果か、これまたレビー小体型認知症の母とレビーに挑んでいます。

驚いた!!

本当は…

昨日は不本意にも“ふぐり”の話で終わってしまったが…(だって、とっても驚いたんだものorz)
本当は違う内容を書くつもりだったのだ。
北海道新聞の生活欄に昨年あたりから頻繁にレビーのことが取り上げられるようになったこと。
今回はDLBのご両親をご自身が発行する投稿誌「よりみち仲間」に介護の記録をつづっている方の記事だった。
父ひとりのDLB介護でも右往左往してしまっている私なのに。
両親ともDLBとは…並大抵の苦労ではないだろうに…。
その介護生活の中で、次世代に自分たちと同じ介護の重みを負わせないようにと考える心のゆとりに頭が下がる。

わたしゃ、まだまだ人間がでけとらん。
ゴム風船のようになった父のふぐりに、おののいてるようじゃね〜 

事件だす

あわわです。

父が3日程前から不調です。

それまでは、おしゃべりもよくしていたので心配はしていなかったのですが…。
ぱたっと反応が鈍くなっても「いつものこっちゃ」とたかをくくっていた。
熱も上がってる訳でもなく、顔色だって悪くはない。
少々血圧は高いが「そんなこともあり」と思ってた。

でも…
他にも異変が起きていた。
父の陰嚢(タマタマ袋です〜)が腫れてます。
数日前から「ちょっとダラ〜ンとなったない?」とは思ってましたが…
今朝は尋常ではない位に大きく腫れてます。
私には無いブツなので、どのようになっているのか理解でけません{/まいった/}
今、訪問看護のHさんに電話しました。
朝一で来てチョって…

続報
私の電話から15分後には訪問してくれた訪看のHさん、
AM10:00に帰っていきますた。
若いけど頼りにしてます

Hさんの説明によると、
父は全身に浮腫が出ているので、体の一部である陰嚢に水が溜まって腫れても不思議は無いのだそうな。
陰茎の方が浮腫んで腫れ上がる方もいるそうな…(陰茎が腫れるのは、かなりの痛みを伴うらしい{/汗/})
浮腫が退けたら陰嚢の腫れも自然に退くらしいです。
ちょぴっとホッ!とした。
私も母も女だし(ブツは持っとらん)、男の子を育てた経験も無い(間近で観察したこともない)。
夫に尋ねても「そんなところを腫らした経験がないので解らん」と言われるし…(ごもっとも)
またひとつ勉強になりました。(あまり勉強したくない部位ではあるが…)

ま、水分を少々減らして様子をみることになりました。
人間を長くやってると色〜んなことに遭遇するのね。
て、ことでした 
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ