気温が上がったり下がったりで、それでなくても弱ってる身体なのに…ついて行けない私なのだ。トホホ{/悲しい/}{/汗/}

しばらく形を潜めていた座骨神経痛も出て来ちゃうし。最悪だ〜

父の調子も入浴剤を決められたのを最後に消滅。
あの日、せっかく決めたラベンダーの香りの入浴剤は品切れで、違う物になってしまった事もショックだったのか?

金曜日には訪看の時に大量に摘便してもらってスッキリしただろうとは思うが、お言葉は出ず。。。
ま、その内にまた良い波が押し寄せて来るのだろうと、気長に待つ事にするか…。


母はまたまたデイに行きたくない病がチラホラと出ているのか?一応のポーズなのか?

なんだかこわくて(体がだるくての北海道弁)行きたくないなぁ

と呟いていたが、聞こえない振りをして送り出す。
何の事はない、行ってしまえば楽しそうに帰って来るのだが…。
母の通っているデイでは独居の方も多く「買い物」という行事?がある。
母も自分のおやつ等を買ってくるのだが、買い物に行く場所は皆で話し合って決めるらしい。
帰宅後の母の話によると、そこでも母は我を通す様だ。

今日は皆は○●って言ったけど、私は絶対□■って言って□■に決まったんだよ

と、得意そうに言っていたが…そんなワガママばかり言っていたら敵を作ってしまわないかと心配なのだ。
性格だからと言ってしまえばそれまでなのだが、父と私の穏やかな土曜日が無くなってしまうのは困るのですよ。
母には楽しくデイに行って頂きたいのです。(穏やかな一日の存亡の危機だ〜)
それでも、フェルガードを飲む前の無気力で不機嫌な母に比べれば、少々?ワガママでも外に出ようとする気持ちが出て来た今の母の方が私としては望ましいのは確かなのだ。

100%上手くは行かないよな〜



今更、性格は変えられん!
と思ったらポチッ♪とね。

にほんブログ村 介護ブログへ